グラネスファーストとの違いって何?

テレビでも紹介されているグラネスファーストには型番号があります。MD-435というのがグラネスファーストの型番号なのですが、同じスライヴから販売されている型番の中にはMD-425というつかみもみマッサージャーもあるのですね。

 

この2つを比較してみると形はよく似ていて、見た目には大きな差が無いように感じます。ですが、価格としてはグラネスファーストが税込26,784円なのに対して、旧モデルのMD-425は税込5,980円となっています。

 

これだけの価格差があるということは何らかの違いがあるのだと思いますが、いったいどんな違いがこの2つにはあるのでしょうか。

 

まず共通点として挙げられるのはどちらも医療機器認証されているというところ。効果や効能の表示が認められている医療機器認証のマッサージ器を販売しているのはスライヴには共通しているところなので、この点に関しては特に違いはありませんね。

 

では2つの違いはどこにあるのかというと、マッサージ機構と揉み玉に違いがあります。

 

MD-425は「4つのもみボール」と「もみアーム」によってコリをしっかりととらえるようになっているのですが、グラネスファーストは独自開発された「4Gモーション」によって頭の付け根から首、肩に連携を行って同時にマッサージできるようになっています。

 

グラネスファーストが人の手でマッサージされている感覚を味わえるのは「4Gモーション」による連動性の高さにあるのですね。

 

また、揉み玉に関しても「3Dロータスボール」「3Dロータスボールβ」と首上部と首から肩にかけての部分によって揉み玉を変えており、肩に近い部分は人間の親指のような「ゆびアーム」が設置されています。

 

つまり、グラネスファーストは旧モデルのMD-425と比較して揉み心地が格段に上がったということになるのですね。

 

定価は2万円近く高くなっていますが、それでも大人気マッサージ器となっているということはやはりそれだけの価値がグラネスファーストにはあるということが言えるではないでしょうか。

グラネスファーストがさらに進化!

グラネスファーストは旧モデルと比較して人の手で揉まれているような感覚を味わうことができることで同じシリーズではあるもののかなりの改善がされていました。

 

そんなグラネスファーストですが、実はさらに進化したグラネスネクストという型番MD-505というモデルが現在新たに販売されましたよ。

 

グラネスネクストはグラネスファーストの良さはそのままに、さらに新機能として「もみたたき」モードが搭載されています。名前の通り「揉み」ながら同時に「叩く」という今度は人間の手では決して再現できない施術を実現しています。

 

グラネスファーストがマッサージ店に行ったときと同じような感覚を味わうことができるというところに最大の特徴がありましたが、グラネスネクストはマッサージ器でないと味わうことができない体験ができるというところまで進化しているのですね。

 

気になる販売価格は税込32,184円となっていますので、なかなかのお値段はしますが、今なら12,960円OFFのお得なクーポンを販売ページで配布しているので、送料と合わせても2万円程度で最新モデルを購入することができますよ。

 

しかもグラネスファーストと同じように20日の返金保証が付いているので、満足することができなかったら本体代金を返金してくれます。
返金保証が付いているというのはそれだけ商品に自信があるからということの裏返しでもありますから、グラネスファーストもいいですが、少し予算に余裕があるのなら最新モデルのグラネスネクストを体験してみてくださいね。

 

人の手では再現できない揉み心地っていったいどんな感じなのか、試してみた人でないとわかりませんよ!

 

>>グラネスネクストの詳細は公式通販サイトでチェック!