グラネスファーストが重いのはデメリットなのか?

グラネスファースト 重い

グラネスファーストを実際に使ってみると想像していたよりも重たいと感じます。

 

このように感じるのは私だけなく、口コミを確認してみても重たいと感じている方はいました。

 

実際のグラネスファーストの重さは約2.2kgとなっていますが、他のマッサージ器だと1kg以下のもう少し軽いものもありますし、1kg違うと使っていくうちに重みの感じ方も結構違ってきますから気になるポイントかもしれません。

 

見た目はスタイリッシュに見えてそんなに重さがあるように思いませんが、安価な機械ではなくしっかりとした性能を持った機械なので、しっかりと重さがあるのですね。

 

2.2kgは掃除機などと比較するとそんなに重たいような感じはしないですが、グラネスファーストはそこに振動が加わるので体感としては2.2kg以上の重さを感じることになります。

 

ただ、この重さに関しては必ずしもデメリットであるとは限りません。

 

むしろこの重さがあるからこそグラネスファーストは本格的なマッサージと高い満足度を提供してくれるのですね。

 

重さがあるということはそれだけしっかりと患部にもみほぐす効果が届くということが言えます。

 

指圧マッサージをイメージしてもらうとわかりやすいですが、押す力が弱いと効いている感じはしませんよね。しっかりと押して患部に届くような力でないとコリをほぐすことはできません。

 

押す力が強いということはそれだけ圧力が強いということ、グラネスファーストの場合は重さがあることで身体にかかる圧力が強くなるということなので、重さがあるということはとても重要なことなのですよね

 

グラネスファーストが医療機器認証されているマッサージ器となっているのは、この重さが関係しているから。重さによって気休めのマッサージ器ではなく本格的なマッサージ器と感じることができるのですよ。

 

重たいのは嫌だからと言ってグラネスファースト以外のマッサージ器を選ぶのは大きな失敗かもしれません。

 

自宅で本格的なマッサージを体験したいのなら、それなりに重さがあるマッサージ器を選んだほうが得られる効果は高いです。

使い方次第で重さは気にならなくなる!

グラネスファーストは重さがあるから本格的なマッサージができるという効果がありますが、長く使っていると重たいのは苦しく感じます。ですが、使い方次第では重さを感じることなく使用することはできますよ。

 

 

例えば、首や肩に使用したいと思っている方であれば、寝ながら使うことでグラネスファーストを持ち上げるのではなく、自分の身体を上にすることができるので、腕がつかれるということはありません。

 

寝ながら使う場合、振動が下に伝わってしまうので、ベッドの上で使ったり、防音マットの上で使うなどの工夫が必要にはなりますので、その点は注意が必要ではあります。

 

ただ、ソファーに座って、背もたれ部分にグラネスファーストを置きながら使えば腕の負担は軽減できますから、工夫次第で重さは気にならなくなりますよ。他にもひじかけのある椅子に座れば肘を支えることもできるので感じる重みはかなり軽減されるでしょう。

 

だからこそグラネスファーストが重たいからと言って使わないのはもったいないのですね。

 

そして、意外と高評価なのが重さや大きさの割に音がうるさくないということ。グラネスファーストくらいの重さや大きさだとそれなりに音がしたり、振動音が気になったりすることがあるのですが、実際に使ってみると音が気になるということはほぼありません。

 

口コミ評判を見てみてもグラネスファーストの音がうるさくて気になるという方はいなかったです。なので騒音に関しては何も心配することはないでしょう。

 

 

また、グラネスファーストは首肩マッサージャーとされていますが、首や肩だけにしか使えないマッサージ器ではありません。

 

腰やふともも、ふくらはぎなど全身に使うことが可能ですから、使い勝手は思っている以上に高いですよ。

 

見た目以上に重さのあるグラネスファーストですが、自分が思っている以上に使い勝手がいいマッサージ器でもありますから、一度使ってみて欲しいですね。